• ¥ 3,000
  • Bar Chit Chat Compilation Album 「Go To Chit Chat」 ⚫︎トレーラー試聴 https://soundcloud.com/rei-fuchigami/go-to-chit-chat-trailer/s-e5bs61eAmor CD限定1000枚(配信なし,流通なし) ¥3000(税込) 新百合ヶ丘Bar Chit Chatの全曲未発表曲コンピレーションアルバム完成。2008年にKINGレコードから発売された「未来波乗人」ぶり。 2020年のコロナ禍にChit Chatにゆかりのある12組のアーティストが集結。内10曲は録り下ろしの新曲。Chit Chatならではのコラボレーションにも注目。 ジャケットには山崎円城(F.I.B JOURNAL,NOISE ON TRASH)のTagging。クラフト紙ジャケット使用。 Bar Chit Chat Compilation Album 「Go To Chit Chat」 1.「LONG WAY」Caravan 2.「ERA 2020」cro-magnon feat. 山崎 円城(F.I.B JOURNAL) 3.「超無問題」鎮座DOPENESS&KenKen(RIZE) 4.「子どもが笑えば、世界が笑う (青柳拓次ver.)」Little Creatures feat. 谷口尚久 ※売り上げの一部を世界中の子どものための舞台芸術活動の支援金とします 5.「Life is short story」東田トモヒロ ※売り上げの一部を熊本水害義援金とします 6.「Jonas〜(kentarow remix)」Matsumoto Zoku 7.「五月の風」CBS 8.「Fly High」Takeru Anbassa 9.「On The Road」Yota Kobayashi 10.「シようぜ。」gnkosaiBAND 11.「Chit Chat Song」kentarow 12.「ランデブー」TUFF SESSION ⚫︎Bar Chit Chat "小さなお店で大きな奇跡を"をもっとうに 渕上零が2004年新百合ヶ丘にOPEN。 http://www.chit-chat.jp

  • ¥ 2,000
  • Chit Chat Tシャツ2019 Special SALE! 4200円→2000円! design by kanegooon 着心地の良いHEMP Bodyになっております

  • ¥ 2,000
  • Chit Chat Tシャツ2018 Special SALEです! 着心地のいいHEMP Bodyです

  • ¥ 3,300
  • Bar Chit Chatネズミunited athle Tee 黒 illust:山崎円城 design:渕上零(Chit Chat) print:GRINDLODGE body:united athle 5.6onz ※欲しいカラー、サイズない場合 是非お問い合わせ下さい ⚫︎山崎円城(音楽家・詩人・タギングアーチスト) 1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。 1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。 2003年よりF.I.B JOURNALを開始。 計5枚のフルアルバムを発表している。 ジャズパンクと称されている。 2013年と2016年、等価交換で、計二冊詩集をリリース。 2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩をタギングした服・アクセサリーを発表以降、たくさんのタギングコラボを発表している。 2015年、ホーンセクションとストリングスを加えた編成のアルバム「Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings」を発表する。 2018年1月、TICAの武田カオリをVoに迎え、F.I.B JOURNAL meets 武田カオリとして、アルバム「多様性に住み/ DAYS365, Standing On The Conner」をリリース。 2016年・2019年・2020年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコードを計三枚発表。 また1997年より言葉のイベントBOOKWORMを、長きに渡り主催。 ⚫︎GRINDLODGE garage project 神奈川のとあるガレージから始まったプロジェクト。 木、鉄、コンクリートを組み合わせたオリジナルスケートボードセクションを制作。 セクションの設置、スケートセッション、ライブ、照明、写真、アート作品展示、ライブペインティングなど、スケートボーダーに限らずグラインドロッジに共鳴する様々な分野のプレイヤーが一堂に会し融合するパーティー、その名も「グラインドロッジ」をオーガナイズする。 今やプロジェクトの主軸となっている「生刷会」とは、親交の深いアーティストが書き下ろすグラフィックをシルクスクリーンに起こし、Tシャツや様々なアイテムにライブプリンティングするパフォーマンス ショップのアニバーサリーパーティーやミュージシャンのリリースパーティーでは、デザインの提案からプリントまでこなすワンアンドオンリーなアイテムが高評価を得ている。 最近ではカーショウやキャンプイベントとコラボするなど活動の幅を広げている。 日本全国を奔走し、近年では海外からのオファーも受け、世界規模で同志たちとパイプを繋げるプロジェクトへと進化し続けている。

  • ¥ 5,000
  • 「Bar Chit Chat Tie Dye Tee(Lady's color)S,M」 ¥5000 Size:S,M Body:United Athle illust:山崎円城 Tie Dye:Ichiro 写真はあくまでも見本になります 染めは一点一点若干の違いがあることを ご了承くださいませ 最初の洗濯時は他の物と一緒にしないで下さい。 ⚫︎タイダイ by Ichiro 1973年静岡県浜松市出身 10代の頃から染色を始め、のちに横浜サムズアップ在籍中にタイダイの手法を独学で習得。 ミュージシャンからの依頼やブランドとのコラボレーション、ワークショップ開催など、 サムズアップの恩恵を受けて多くのご縁を活かした活動をしてきた。 渕上零とも同じ釜の飯を食った仲という事になる。 ⚫︎山崎円城(音楽家・詩人・タギングアーチスト) http://madoki-yamasaki.org/ 1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。 1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。 2003年よりF.I.B JOURNALを開始。 計5枚のフルアルバムを発表している。 ジャズパンクと称されている。 2013年と2016年、等価交換で、計二冊詩集をリリース。 2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩をタギングした服・アクセサリーを発表以降、たくさんのタギングコラボを発表している。 2015年、ホーンセクションとストリングスを加えた編成のアルバム「Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings」を発表する。 2018年1月、TICAの武田カオリをVoに迎え、F.I.B JOURNAL meets 武田カオリとして、アルバム「多様性に住み/ DAYS365, Standing On The Conner」をリリース。 2016年・2019年・2020年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコードを計三枚発表。 また1997年より言葉のイベントBOOKWORMを、長きに渡り主催。

  • ¥ 4,400
  • ⬇︎サイズガイドはこちらから https://juzustore.jp/products/ghc4200rg20/T064 【Chit Chat×GOHEMP×GRINDLODGE collaboration HEMP Tee2020】 tagging by山崎円城(F.I.B JOURNAL) body:GOHEMP (HEMP 55%/ORGANIC COTTON 45%) print:GRINDLODGE color:SAND STONE/BLUE BERRY BLUE/NIAGARA BLUE Size:XS/S/M/L/XL People getting together and making music. That's all it is. But in music, there is always a future. Chit Chat 人が集まって音楽をする。ただそれだけど、音楽には、いつも未来が見える。 Chit Chat by 山崎円城 GOHEMP GOWESTのセカンドラインとして1994年に誕生したブランド。 成長が早く、無農薬で育つ地球に優しい素材であるヘンプを軸に、オーガニック素材などの素材を混紡し、常に新しい風合いや優しい色合いを提案。 GOWESTで培った縫製技術を以って、古き良き時代の機能服からインスパイアされた機能的で遊び心のある服作りをしています。 GRINDLODGE garage project 神奈川のとあるガレージから始まったプロジェクト。 木、鉄、コンクリートを組み合わせたオリジナルスケートボードセクションを制作。 セクションの設置、スケートセッション、ライブ、照明、写真、アート作品展示、ライブペインティングなど、スケートボーダーに限らずグラインドロッジに共鳴する様々な分野のプレイヤーが一堂に会し融合するパーティー、その名も「グラインドロッジ」をオーガナイズする。 今やプロジェクトの主軸となっている「生刷会」とは、親交の深いアーティストが書き下ろすグラフィックをシルクスクリーンに起こし、Tシャツや様々なアイテムにライブプリンティングするパフォーマンス ショップのアニバーサリーパーティーやミュージシャンのリリースパーティーでは、デザインの提案からプリントまでこなすワンアンドオンリーなアイテムが高評価を得ている。 最近ではカーショウやキャンプイベントとコラボするなど活動の幅を広げている。 日本全国を奔走し、近年では海外からのオファーも受け、世界規模で同志たちとパイプを繋げるプロジェクトへと進化し続けている。 山崎円城(音楽家・詩人・タギングアーチスト) 1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。 1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。 2003年よりF.I.B JOURNALを開始。 計5枚のフルアルバムを発表している。 ジャズパンクと称されている。 2013年と2016年、等価交換で、計二冊詩集をリリース。 2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩をタギングした服・アクセサリーを発表以降、たくさんのタギングコラボを発表している。 2015年、ホーンセクションとストリングスを加えた編成のアルバム「Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings」を発表する。 2018年1月、TICAの武田カオリをVoに迎え、F.I.B JOURNAL meets 武田カオリとして、アルバム「多様性に住み/ DAYS365, Standing On The Conner」をリリース。 2016年・2019年・2020年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコードを計三枚発表。 また1997年より言葉のイベントBOOKWORMを、長きに渡り主催。

  • ¥ 4,400
  • ⬇︎サイズガイド https://juzustore.jp/products/ghc4200rg20/T064 【Chit Chat×GOHEMP×GRINDLODGE collaboration HEMP Tee2020】 tagging by山崎円城(F.I.B JOURNAL) body:GOHEMP (HEMP 55%/ORGANIC COTTON 45%) print:GRINDLODGE color:SAND STONE/BLUE BERRY BLUE/NIAGARA BLUE Size:XS/S/M/L/XL People getting together and making music. That's all it is. But in music, there is always a future. Chit Chat 人が集まって音楽をする。ただそれだけど、音楽には、いつも未来が見える。 Chit Chat by 山崎円城 GOHEMP GOWESTのセカンドラインとして1994年に誕生したブランド。 成長が早く、無農薬で育つ地球に優しい素材であるヘンプを軸に、オーガニック素材などの素材を混紡し、常に新しい風合いや優しい色合いを提案。 GOWESTで培った縫製技術を以って、古き良き時代の機能服からインスパイアされた機能的で遊び心のある服作りをしています。 GRINDLODGE garage project 神奈川のとあるガレージから始まったプロジェクト。 木、鉄、コンクリートを組み合わせたオリジナルスケートボードセクションを制作。 セクションの設置、スケートセッション、ライブ、照明、写真、アート作品展示、ライブペインティングなど、スケートボーダーに限らずグラインドロッジに共鳴する様々な分野のプレイヤーが一堂に会し融合するパーティー、その名も「グラインドロッジ」をオーガナイズする。 今やプロジェクトの主軸となっている「生刷会」とは、親交の深いアーティストが書き下ろすグラフィックをシルクスクリーンに起こし、Tシャツや様々なアイテムにライブプリンティングするパフォーマンス ショップのアニバーサリーパーティーやミュージシャンのリリースパーティーでは、デザインの提案からプリントまでこなすワンアンドオンリーなアイテムが高評価を得ている。 最近ではカーショウやキャンプイベントとコラボするなど活動の幅を広げている。 日本全国を奔走し、近年では海外からのオファーも受け、世界規模で同志たちとパイプを繋げるプロジェクトへと進化し続けている。 山崎円城(音楽家・詩人・タギングアーチスト) 1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。 1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。 2003年よりF.I.B JOURNALを開始。 計5枚のフルアルバムを発表している。 ジャズパンクと称されている。 2013年と2016年、等価交換で、計二冊詩集をリリース。 2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩をタギングした服・アクセサリーを発表以降、たくさんのタギングコラボを発表している。 2015年、ホーンセクションとストリングスを加えた編成のアルバム「Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings」を発表する。 2018年1月、TICAの武田カオリをVoに迎え、F.I.B JOURNAL meets 武田カオリとして、アルバム「多様性に住み/ DAYS365, Standing On The Conner」をリリース。 2016年・2019年・2020年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコードを計三枚発表。 また1997年より言葉のイベントBOOKWORMを、長きに渡り主催。

  • ¥ 4,400
  • ⬇︎サイズガイド https://juzustore.jp/products/ghc4200rg20/T064 【Chit Chat×GOHEMP×GRINDLODGE collaboration HEMP Tee2020】 tagging by山崎円城(F.I.B JOURNAL) body:GOHEMP (HEMP 55%/ORGANIC COTTON 45%) print:GRINDLODGE color:SAND STONE/BLUE BERRY BLUE/NIAGARA BLUE Size:XS/S/M/L/XL People getting together and making music. That's all it is. But in music, there is always a future. Chit Chat 人が集まって音楽をする。ただそれだけど、音楽には、いつも未来が見える。 Chit Chat by 山崎円城 GOHEMP GOWESTのセカンドラインとして1994年に誕生したブランド。 成長が早く、無農薬で育つ地球に優しい素材であるヘンプを軸に、オーガニック素材などの素材を混紡し、常に新しい風合いや優しい色合いを提案。 GOWESTで培った縫製技術を以って、古き良き時代の機能服からインスパイアされた機能的で遊び心のある服作りをしています。 GRINDLODGE garage project 神奈川のとあるガレージから始まったプロジェクト。 木、鉄、コンクリートを組み合わせたオリジナルスケートボードセクションを制作。 セクションの設置、スケートセッション、ライブ、照明、写真、アート作品展示、ライブペインティングなど、スケートボーダーに限らずグラインドロッジに共鳴する様々な分野のプレイヤーが一堂に会し融合するパーティー、その名も「グラインドロッジ」をオーガナイズする。 今やプロジェクトの主軸となっている「生刷会」とは、親交の深いアーティストが書き下ろすグラフィックをシルクスクリーンに起こし、Tシャツや様々なアイテムにライブプリンティングするパフォーマンス ショップのアニバーサリーパーティーやミュージシャンのリリースパーティーでは、デザインの提案からプリントまでこなすワンアンドオンリーなアイテムが高評価を得ている。 最近ではカーショウやキャンプイベントとコラボするなど活動の幅を広げている。 日本全国を奔走し、近年では海外からのオファーも受け、世界規模で同志たちとパイプを繋げるプロジェクトへと進化し続けている。 山崎円城(音楽家・詩人・タギングアーチスト) 1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。 1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。 2003年よりF.I.B JOURNALを開始。 計5枚のフルアルバムを発表している。 ジャズパンクと称されている。 2013年と2016年、等価交換で、計二冊詩集をリリース。 2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩をタギングした服・アクセサリーを発表以降、たくさんのタギングコラボを発表している。 2015年、ホーンセクションとストリングスを加えた編成のアルバム「Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings」を発表する。 2018年1月、TICAの武田カオリをVoに迎え、F.I.B JOURNAL meets 武田カオリとして、アルバム「多様性に住み/ DAYS365, Standing On The Conner」をリリース。 2016年・2019年・2020年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコードを計三枚発表。 また1997年より言葉のイベントBOOKWORMを、長きに渡り主催。

  • ¥ 2,800
  • ご予約をいただいてから制作いたしますので 少しお時間をいただくと思います ご了承くださいませ プリントカラーは基本は 明るいボディには紺色 濃いカラーには白色ですが ご希望があればご連絡下さいませ ご出産祝いにいかがでしょうか illust:山崎円城 Print:GRINDLODGE Body: United Athle 赤ちゃんにやさしい綿素材を使用。 何枚も揃えたいカラーラインナップ。 対象:ベビー 素材:綿100%、17sコーマ糸

  • ¥ 3,300
  • ご予約をいただいてから制作いたしますので 少しお時間をいただくと思います ご了承くださいませ プリントカラーは基本は 明るいボディには紺色 濃いカラーには白色ですが ご希望があればご連絡下さいませ illust:山崎円城 Print:GRINDLODGE Body: United Athle 5.6オンス ベイビーロンパース(ベイビー 80cm)  新たにベイビーロンパースが登場しました。 ご出産祝いにいかがでしょうか? しっかりとした生地感と赤ちゃんに優しい綿100%天然素材なので安心してきていただけます。襟首は脱着を楽にスナップボタンを採用しております。

  • ¥ 1,980
  • 「Everybody Knows, Nobody Knows / Blind Alley」 F.I.B JOURNAL DUO X 青柳拓次+田尻有太 7inchレコード 1980円(税込) ラッパーのDABOくんと出会って、 武器よサラバという曲にスポークンワーズで参加しました。 ラッパーとのやり取りは、そうか。自分がやりたいことは、スポークンワーズの名前をかりた、自分なりのHip Hopだったのだと気づかせてくれました。 F.I.B JOURNAL Hip Hop スポークンワーズにとりつかれた人生が妙に腑に落ちました。 今回、旧友のLittle Creaturesの青柳拓次をギターとエデットで、初めてちゃんと自分の作品にお招きした。 彼こそ、横浜のストリートで演奏したりタギングしている、若い自分を見出してくれた人です。 エレピの田尻有太は、ドラムの沼直也がF.I.B JOURNALともう一つ活動している、ショーロ・クラブの沢田譲治率いるトリオのメンバー 人生という視点で見ると、 今までの這って音楽を続けて来た経験の全ては、このコロナ禍を乗り越えるためにあったようにあった気さえします。 生きるってのは思考すること。燃やすように思考を繰り返していたら、新しい曲が生まれました。 F.I.B JOURNAL 山崎円城 Everybody Knows, Nobody Knows / Blind Alley F.I.B JOURNAL DUO × 青柳拓次+田尻有太

  • ¥ 2,500
  • 蠣崎未来「路傍の唄」CD 説明 ファースト・シングル「蠣崎未来LIVE2016」に続くファーストフルアルバムは、彼女の真骨頂である弾き語りに加え、気心知れたミュージシャン仲間とのセッションによるバンドサウンド編成も含む、スタジオレコーディング曲が収録された全国流通音源。 蠣崎未来(かきざきみく) 1989年生まれ / 岐阜出身 高校時代まで音楽と無縁の生活を送っていたが、神戸の大学在学中に、フォークやソウルなど様々なジャンルの音楽に触れ感銘を受けフォークソング部に入部。 卒業後、2012年よりアコースティックギターによる弾き語りでの演奏活動を開始。 当初はカバーのみであったが徐々にオリジナル曲を増やし、現在は全国的なライブ活動を展開中。

  • ¥ 1,650
  • Yota Kobayashi 1st album -ONE- CD ¥1650 My Shadow Sunshine Lovely Days Born Again 1,2,3,4 Rainbow Village Interlude (*1) Sunshine Live Version (*2) Produced,Arranged,Composed And Performed By Yota Kobayashi *1 KAKI(Drums)MAH(Bass) *2 LOUI(Drums)KEIGO(Bass)JUN(Keys) Mastering by 足立壮一郎(PANICtracks) Special Thanks My Family All My Friends and You Small Woods Home Recordings Yota Kobayashi 小林洋太 Chozen Lee and The Bang Attack 、Yota Kobayashi Band、Reggae Disco Rockers、Irie Jazz Session 、Spice PlayBoyzなど活動中の音楽家ギタリスト

  • ¥ 3,300
  • 東田トモヒロ「Naturally」CD 2016.07.06 Release ¥3,240[tax in] 1. MARO 2. BE HERE NOW 3. Naturally 4. Freedom 5. Honey 6. AMO 7. 風の詩 8. smoking time 9. Coffee Break 10. Song Of Love 東田トモヒロ 1972年生まれ熊本市在住。ニューヨークでのレコーディングを経て2003年にメジャーデビュー。 旅とサーフィンとをこよなく愛し、 音楽を通して『LOVE&FREEDOM』をメッセージし続けるシンガーソングライター。 その持ち味でもあるエネルギーに満ちたステージパフォーマンスで、 ソロライブだけでなく、フジロックフェスティバル、 ap bank festival、greenroom festival、sunset live、Fat Festival(タイ)など 大小問わず様々なライブフェスに出演しピースフルな空間を創り出して来た。 自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出される飾り気の無い等身大の楽曲は、 全国各地においてたくさんのファンを魅了し、長く愛され続けている。 2020年には通算15作目となるアルバム「LIGHT」をリリース。 ジャズギタリスト小沼ようすけとのユニット「GLIDERS」のメンバーとしてのツアーおよび作品制作や、 雑誌への執筆など、ソロの音楽活動以外のライフワークも多岐に渡る。 また、自然環境の保護に取り組むアウトドアアパレルブランド、patagonia とのライブコラボレーションや、 福島県南相馬市よつば保育園の子どもたちに九州から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト、 「change the world」の代表を務めるなど、ソーシャルワークにも精力的に取り組んでいる。

  • ¥ 3,000
  • 終 春一番 ポストカードセット 1995~2020のポスターのうち、23枚を1セットにしたポストカードセットです。 logo: Hirano Koga woodcut: Mori Eijiro design: Kusaka Junichi & Akabae Haruna 1セット ¥3,000- 【 春一番 】とは、1971年、大阪で生まれた野外コンサートです。 ゴールデンウィークに、このコンサートの為だけに集まる有志スタッフが、 プロデューサー・舞台監督の福岡風太・阿部登たちと共に、【 春一番 】を創っています。 1971年に生まれ、1979年で一旦幕を閉じ、1995年に復活をした【 春一番 】は、 2006年から【 祝春一番 】に改めました。 2020年、【 終春一番 】とし、長い歴史に幕を閉じようしたが・・・。 https://shu-haruichiban.jimdofree.com

  • ¥ 2,750 SOLD OUT
  • メンバーチェンジ後、初となるニューアルバム 全10曲入り「吸いきれない」 DVDケース使用/ブックレット封入 吸いきれない / gnkosaiBAND 01.Journey 02.春一番 03.EASYなBGM 04.春の精 05.POSSE 06.M3 07.Yajin 08.Nuts! 09.再考 10.Patrick Taylor Recorded at スタジオ月桃荘 Recording&Mix&Masterd by 足立PANIC壮一郎 PANICtracks a.k.a 生きててよかった 全10曲 2020.416発売

  • ¥ 2,000 SOLD OUT
  • レギュラーズ/レギュラーズ(RB-001) CD 紙ジャケット ¥2000 レギュラーズ 2018年春結成。レゲエ・ロック・カントリーなどジャンルレスな音楽背景を持った、それぞれの歌心溢れるリズムと旋律が融合。ツインボーカルスタイル。バンド結成以来、都内各所で頻繁にライブを重ね、2019年12月にはレコーディングを決行。2020年3月ファーストアルバム「レギュラーズ(RB-001)」を発売リリース。 Ba&Vo/小粥鐵人(TUFF SESSION,TETSUNIQUES,ex.Matt Sounds) Gt&Vo/小村豊(Ex.Hipe Sessions,aka.Pan Con Queso,狂犬Trio) Dr&Cho/西原ツバサ(Ama-rich,Zoothelove)

  • ¥ 2,200
  • 千尋 ライヴ盤DVD 【Live at Yokohama Thumbs up】 ファーストアルバムリリースから10周年を記念して 2019年10月5日に地元横浜にある老舗 サムズアップで行われたライヴの中から選りすぐりの7曲の映像をDVD化!! 強力なミュージシャン達と共に紡ぐ 胸を打つ唄の数々。 千尋のライヴの魅力が凝縮された一枚。 (※ライブ盤CD「Live at Yokohama Thumbs up」と収録曲が一部異なりますのでご注意ください) <特典> GRAVITYFREEカード付き 2020年に設立した自主レーベル「Little Cosmo Records」からのリリース作品。 レーベル名:Little Cosmo Records <収録曲> 01 リライフ 02 この街から 03 旅の途中 04 満ちた月 05 うたうため 06 ずっと (encore) ※ 07 君に愛を(encore) (※ライヴ盤CDには未収録楽曲) [Support Musicians] 椎野恭一(Dr) 笠原敏幸(Ba) 長﨑真吾(Gt) MAKO-T(Key) [Recording engineer] 川瀬真司(Gumbo Studio) [Mixing, Mastering engineer] 長﨑真吾(SubtonicStudio) [Mixing, Mastering studio] SubtonicStudio [Camera] YEAth / 土家圭吾 / ヨシダハヤト [Editor] YEAth

  • ¥ 10,000
  • 【Bar Chit Chat Good Future Drink Ticket】 ドリンクチケット10枚&ステッカー1枚セット 現在無期限営業自粛中の新百合ケ丘Bar Chit Chatが営業再開した際に未来に使える支援型ARTドリンクチケットになります 6名のアーティストにイラストを依頼。 山崎円城(F.I.B JOURNAL) Mayca 高橋たかし(偽名) kanegooon うすた京介(漫画家) 伊藤清泉 10枚セットをご購入いただくと、6名の作家全部の絵が入ったA4サイズにひとつの絵になります。10枚セットはカットせずに発送する予定です。Chit Chat Special Artチケットとなっております。 2枚セットと5枚セットは絵柄がランダムとなりますご了承くださいませ。 どうかご無理のない範囲で支援していただけたらと思います。 一日も早くみんなが気兼ねなく乾杯できる日が来ますように ご購入後の返金は致しかねますのでご了承くださいませ。

  • ¥ 5,000
  • 【Bar Chit Chat Good Future Drink Ticket】 ドリンクチケット5枚&ステッカー1枚セット 現在無期限営業自粛中の新百合ケ丘Bar Chit Chatが営業再開した際に未来に使える支援型ARTドリンクチケットになります 6名のアーティストにイラストを依頼。 山崎円城(F.I.B JOURNAL) Mayca 高橋たかし(偽名) kanegooon うすた京介(漫画家) 伊藤清泉 10枚セットをご購入いただくと、6名の作家全部の絵が入ったA4サイズにひとつの絵になります。10枚セットはカットせずに発送する予定です。Chit Chat Special Artチケットとなっております。 2枚セットと5枚セットは絵柄がランダムとなりますご了承くださいませ。 どうかご無理のない範囲で支援していただけたらと思います。 一日も早くみんなが気兼ねなく乾杯できる日が来ますように ご購入後の返金は致しかねますのでご了承くださいませ。

  • ¥ 2,000
  • 【Bar Chit Chat Good Future Drink Ticket】 ドリンクチケット2枚 現在無期限営業自粛中の新百合ケ丘Bar Chit Chatが営業再開した際に未来に使える支援型ARTドリンクチケットになります 6名のアーティストにイラストを依頼。 山崎円城(F.I.B JOURNAL) Mayca 高橋たかし(偽名) kanegooon うすた京介(漫画家) 伊藤清泉 10枚セットをご購入いただくと、6名の作家全部の絵が入ったA4サイズにひとつの絵になります。10枚セットはカットせずに発送する予定です。Chit Chat Special Artチケットとなっております。 2枚セットと5枚セットは絵柄がランダムとなりますご了承くださいませ。 どうかご無理のない範囲で支援していただけたらと思います。 一日も早くみんなが気兼ねなく乾杯できる日が来ますように ご購入後の返金は致しかねますのでご了承くださいませ。

  • ¥ 2,500
  • 【Chit Chatサコッシュ黒(内ポケット付き)】 (プリント白) tagging by山崎円城(F.I.B JOURNAL) print:GRINDLODGE People getting together and making music. That's all it is. But in music, there is always a future. Chit Chat 人が集まって音楽をする。ただそれだけど、音楽には、いつも未来が見える。 Chit Chat by 山崎円城 ⚫︎山崎円城(音楽家・詩人・タギングアーチスト) 1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。 1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。 2003年よりF.I.B JOURNALを開始。 計5枚のフルアルバムを発表している。 ジャズパンクと称されている。 2013年と2016年、等価交換で、計二冊詩集をリリース。 2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩をタギングした服・アクセサリーを発表以降、たくさんのタギングコラボを発表している。 2015年、ホーンセクションとストリングスを加えた編成のアルバム「Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings」を発表する。 2018年1月、TICAの武田カオリをVoに迎え、F.I.B JOURNAL meets 武田カオリとして、アルバム「多様性に住み/ DAYS365, Standing On The Conner」をリリース。 2016年・2019年・2020年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコードを計三枚発表。 また1997年より言葉のイベントBOOKWORMを、長きに渡り主催。 ⚫︎GRINDLODGE garage project 神奈川のとあるガレージから始まったプロジェクト。 木、鉄、コンクリートを組み合わせたオリジナルスケートボードセクションを制作。 セクションの設置、スケートセッション、ライブ、照明、写真、アート作品展示、ライブペインティングなど、スケートボーダーに限らずグラインドロッジに共鳴する様々な分野のプレイヤーが一堂に会し融合するパーティー、その名も「グラインドロッジ」をオーガナイズする。 今やプロジェクトの主軸となっている「生刷会」とは、親交の深いアーティストが書き下ろすグラフィックをシルクスクリーンに起こし、Tシャツや様々なアイテムにライブプリンティングするパフォーマンス ショップのアニバーサリーパーティーやミュージシャンのリリースパーティーでは、デザインの提案からプリントまでこなすワンアンドオンリーなアイテムが高評価を得ている。 最近ではカーショウやキャンプイベントとコラボするなど活動の幅を広げている。 日本全国を奔走し、近年では海外からのオファーも受け、世界規模で同志たちとパイプを繋げるプロジェクトへと進化し続けている。

  • ¥ 3,000
  • 【Chit Chat LP Record Bag】 tagging by 山崎円城 山崎円城(音楽家・詩人・タギングアーチスト) 1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。 1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。 2003年よりF.I.B JOURNALを開始。 計5枚のフルアルバムを発表している。 ジャズパンクと称されている。 2013年と2016年、等価交換で、計二冊詩集をリリース。 2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩をタギングした服・アクセサリーを発表以降、たくさんのタギングコラボを発表している。 2015年、ホーンセクションとストリングスを加えた編成のアルバム「Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings」を発表する。 2018年1月、TICAの武田カオリをVoに迎え、F.I.B JOURNAL meets 武田カオリとして、アルバム「多様性に住み/ DAYS365, Standing On The Conner」をリリース。 2016年・2019年・2020年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコードを計三枚発表。 また1997年より言葉のイベントBOOKWORMを、長きに渡り主催。

  • ¥ 2,500
  • 【Chit Chatオリジナルブレンドコーヒー豆】 200g 2500円 Chit Chatオープン当初よりずっと愛され続けているこだわりのオリジナルブレンドコーヒー。 手作業で悪い豆をはじいています。 ゆえに胃の負担もす少ないです。 酸味が少なく、深煎りとなっています。 店主が18歳の時にブラックでコーヒーを 飲めるようになったのはこの豆との出会いでした。少々お高いですが、その辺のコーヒーには 引けを取りません。この機会におうちで当店のコーヒーをどうぞ味わっていただけたらと思います。 Chit Chat名物自家製コーヒー焼酎もこの豆を 使用。日本一美味しいコーヒー焼酎だと自負しております。おうちでコーヒー焼酎作るのも楽しいですよ。豆100gをそのままお好みの焼酎1リットルに漬け込み、一ヶ月ほど待つだけです。