Chit Chat HEMP Tee2021(ナチュラル) | BarChitChat

1/4

Chit Chat HEMP Tee2021(ナチュラル)

¥5,000 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料 ¥500

【Bar Chit Chat HEMP Tee2021】

tagging art by山崎円城(F.I.B JOURNAL)
body:GOHEMP
(HEMP 55%/ORGANIC COTTON 45%)
print:GRINDLODGE
design:渕上零(Chit Chat)

color:Natural

size:S/M/L/XL/XXL

⬇︎サイズガイドはこちらから

https://juzustore.jp/products/ghc4200rg21/T072


⚫︎GOHEMP
GOWESTのセカンドラインとして1994年に誕生したブランド。
成長が早く、無農薬で育つ地球に優しい素材であるヘンプを軸に、オーガニック素材などの素材を混紡し、常に新しい風合いや優しい色合いを提案。
GOWESTで培った縫製技術を以って、古き良き時代の機能服からインスパイアされた機能的で遊び心のある服作りをしています。


⚫︎GRINDLODGE garage project
神奈川のとあるガレージから始まったプロジェクト。

木、鉄、コンクリートを組み合わせたオリジナルスケートボードセクションを制作。

セクションの設置、スケートセッション、ライブ、照明、写真、アート作品展示、ライブペインティングなど、スケートボーダーに限らずグラインドロッジに共鳴する様々な分野のプレイヤーが一堂に会し融合するパーティー、その名も「グラインドロッジ」をオーガナイズする。

今やプロジェクトの主軸となっている「生刷会」とは、親交の深いアーティストが書き下ろすグラフィックをシルクスクリーンに起こし、Tシャツや様々なアイテムにライブプリンティングするパフォーマンス

ショップのアニバーサリーパーティーやミュージシャンのリリースパーティーでは、デザインの提案からプリントまでこなすワンアンドオンリーなアイテムが高評価を得ている。

最近ではカーショウやキャンプイベントとコラボするなど活動の幅を広げている。

日本全国を奔走し、近年では海外からのオファーも受け、世界規模で同志たちとパイプを繋げるプロジェクトへと進化し続けている。


⚫︎山崎円城(音楽家・詩人・タギングアーチスト)

1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。

1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのセッションを始め、Noise on Trashに。
Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。

2003年よりF.I.B JOURNALを開始。
現在まで、トリオ編成で5枚・オルケスタ編成で1枚・TICAの武田カオリを迎えて1枚のフルアルバムを発表。
近作はLittle Creaturesの青柳拓次を迎えてシングルを発表した。

ジャズパンクと称される。

2013年、等価交換で詩集をリリース。

2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩のタギングした服・アクセサリーを発表。

2016年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコード「Poet in dub」発表。以降現在まで計3枚のシングルを発表している。

2016年10月、等価交換で二作目の詩集をリリース。

近年は音楽ジャンルを越境して、数多くのコラボレーション作品をリリースしている。

また近年タギングで店舗の壁などにも多くの作品を残している。

また1997年より続く言葉のイベントのBOOKWORMの主催としても知られる。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥5,000 税込

最近チェックした商品
    その他の商品